AGAに高い効果を示す治療薬を大きく飲み薬と塗り薬に分けて開発経緯に沿って説明しています。また、治療の種類と処方される薬の関係や副作用や入手方法など様々な利用方法を記載しています。きっとお役に立ちます。

  • ホーム
  • AGA治療薬による副作用にご注意を!

AGA治療薬による副作用にご注意を!

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素により出来るジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このDHTが、成長期の毛の生育を抑えるため太くて長い毛が細い毛に変わり、頭皮が透けて見える事によって起きます。
このため、AGA治療薬として5αリダクターゼの活性度を抑えるフェナステリドという薬品が石の処方により使用可能となっています。
フェナステリドを3年間飲むことにより、90%以上の人に薄毛の進行がくいとめられ、70%の人に発毛効果が認められたと報告があります。
もともと、AGA治療薬フェナステリドは、前立腺の治療のために開発された薬ですので、臨床試験時に胃の不快感とか性欲減退がつたえられましたが、これはプラセボ(有効成分の薬を飲んでいないのに、飲んでいると思うこと)でも、同じような効果が出ています。
ただ、肝機能障害が起きるという副作用が報告されています。
AGA治療薬フィナステリドのほかに、外用薬のミノキシジルもあります。
これは、もともと高血圧の治療薬として開発されたもので、飲むと副作用が大きいのですが、外用薬として約50%の人に効果があるといわれています。
AGA治療の専門病院の中には、相乗効果があるということで、フェナステリドとミノキシジルの両方を処方する場合があります。
ミノキシジルの副作用ですが、低血圧の原因となる可能性があります。
さらに、ミノキシジルは外用薬なので、その基剤成分プロピレングリコールに対するアレルギー反応があります。
ミノキシジルは、開発段階で循環器疾患になって例が報告されており、いずれにしても、副作用と感じる場合は、早期に医師の診察を受ける事をお勧めします。

関連記事